カレンダー

«2012年5月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

印鑑 と 色鉛筆

|

 

1761年カスパー・ファーバーがニュールンベルグ郊外のシュタインで鉛筆の製造を開始。1840年ローター・ファーバーが鉛筆全製品に“A.W.FABER”の刻印を入れ、鉛筆が始めてブランド品として認知されました。その後1851年に六角形デザインの鉛筆を発表。そして、この鉛筆の「長さ・太さ・硬度」が世界的基準となりました。1898年バイエルン王室承認のもとに、ファーバーカステル伯爵家が誕生。1905年世界で最も有名な鉛筆「カステル9000番」を発表。1928年以降、世界各国に製造部門、販売会社を設立。現在、ファーバーカステル社の鉛筆生産量は世界一を誇ります。1978年コスメチック部門に進出するなど、ファーバーカステル社は常に新しい分野の新製品開発に力を入れ、世界的ブランドに確立させるべく、弛まない努力を続けています。


 

 

このブログ記事について

このページは、hankoyaが2008年2月18日 20:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「印鑑 ネーム印」です。

次のブログ記事は「印鑑 と ねんど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。